TokyoDive新着求人公開中

上京して東京生活を体験してみたい人に

お仕事と住まいを同時にサポート!

特に費用を抑えて東京での新生活をスムーズに始めたい人におすすめです!

新着求人情報を見る

TokyoDive【東京ダイブ】の怪しい評判、家賃0円ってマジ?求人・費用・デメリットを暴露!

TokyoDive【東京ダイブ】の怪しい評判、家賃0円ってマジ?求人・費用・デメリットを暴露!

Tokyo Dive東京ダイブ)は、上京して働きたい人のために、仕事だけでなく、住まいも同時にサポートしてくれるサービスです。

このサービスを使えば、上京に伴う金銭的負担や精神的負担をかなり軽減できます。

しかし、まずは登録・利用する前に、Tokyo Diveの仕組みなど詳しい情報を知っておきたい人も多いのではないでしょうか?

Tokyo Diveについて事前に詳しく知っておけば、安心して利用できますよね。

今回はそんな人のために、Tokyo Diveの仕組みやメリット・デメリット、口コミ評判など、様々な情報をまとめました。

Tokyo Diveについて気になる人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください!

最新情報をチェック!

公式サイトを見てみる>>>

↓気になる所を【クリック】

Tokyo Dive(東京ダイブ)は怪しい?仕組みを分かりやすく解説!

Tokyo Diveは怪しい?東京ダイブの仕組みを解説!

Tokyo Diveは仕事と住まいを同時にサポートしてもらえるサービス。

そんなサービスなかなかないので、魅力に感じますよね。

しかし、中にはTokyo Diveは怪しいという意見も・・・

確かに、よく仕組みが分からないと怪しく感じてしまいますよね。

でも、結論から言ってしまうとTokyo Diveは決して怪しいサービスではないので安心してください。

ここからは、あなたにTokyo Diveについてもっと詳しく知ってもらうために、 Tokyo Dive の仕組みについて詳しく解説します。

  • Tokyo Diveで仕事が決まるまでの流れ
  • Tokyo Diveで家が決まるまでの流れ
  • Tokyo Diveの登録料や費用について
  • Tokyo Diveが「怪しい」と言われている理由
  • Tokyo Diveをマンガで解説!

Tokyo Dive(東京ダイブ)で仕事が決まるまでの流れ

まずは、Tokyo Diveで仕事が決まるまでの流れをご紹介します。

仕事が決まるまでの流れ
  • 電話か来訪で登録カウンセリング

    この時点で、希望に合った求人案件を紹介してもらうことができます。

  • 検討求人の詳細を説明

    検討している求人案件の詳しい情報を営業担当者から説明してもらいます。

    仕事内容、条件、職場環境など働く上で大切な情報を聞くことができます。

  • 仕事決定、仕事開始

    仕事が決まればすぐに働くことができます。

    また、就業中もTokyo Diveのスタッフの方がサポートしてくれるので、安心して働くことができます。

なるほど!遠方でも電話で相談することもできるのね!

たったこれだけの流れで働くことができるので、いますぐ東京で仕事をしたい方にもぴったりですね。

⇒ Tokyo Diveでどんな仕事があるか見てみる

Tokyo Dive(東京ダイブ)で家(住まい)が決まるまでの流れ

Tokyo Diveで住まいが決まるまでの流れをご紹介します。

住まいが決まるまでの流れ
  • まずはカウンセリングを受けて、仕事を決める
  • Tokyo Diveシェアハウス、シェアハウス、ワンルーム賃貸の中から、希望の住まいのタイプを選ぶ
  • タイプの中から、自分好みの住まいを選ぶ

仕事が決まれば、手間をかけずにスムーズに住まいを決めることができます。

物件に空きがあれば、仕事が決まってから2~3営業日以内で入居可能なので、すぐに引っ越し可能です。

Tokyo Diveは、シェアハウス大手企業や大手不動産会社エイブルなどと契約していて、サポートが手厚いです。

これなら上京したいけど何も分からない方や不安な方も安心ですね。

⇒ Tokyo Diveが紹介している物件を見てみる

Tokyo Dive(東京ダイブ)の登録料や費用が必要ない理由

Tokyo Diveでは、登録料や費用は一切かかりません。

カウンセリングも一切かからないため、安心してください。

登録料や費用が必要ない理由は、求人を出している企業から、契約が成立後にTokyo Diveに報酬が渡る仕組みになっているからです。

つまり、お金を稼ぐ対象が、私たちではなく企業になっていることがポイントです。

なるほど、だから東京ダイブの利用料は無料なのね!

Tokyo Diveは、親身になって相談にのってくれて、きちんと個人の適正に合う求人を探してくれるようです。

⇒ Tokyo Dive の無料登録はこちらから

Tokyo Dive(東京ダイブ)が「怪しい」って噂されているのはどうして?

Tokyo Diveが怪しいと噂されている理由は、口コミの少なさです。

比較的新しいサービスなので、Tokyo Diveの口コミをネットで検索しても、口コミがあまり出てきません。

口コミがあまりないサービスは、利用するか悩みますし、中には「怪しい」と思う方もいると思います。

Tokyo Diveも口コミによる「怪しい」ではなく、口コミが少なくて「怪しい」と思ってしまう方がいる様子。

Tokyo Diveは最近できたサービスということもあり、口コミはまだまだ少ないですが

住まいサポートの面でいえば、複数の大手不動産会社と提携もしていますし、信用できることがわかります。

上京体験がTokyo Dive(東京ダイブ)公式サイトのマンガで分かる!

Tokyo Diveを利用した上京の様子を知りたい方は、公式サイトのマンガを読むことをおすすめします。

マンガでわかる上京体験」というタイトルで、20話ほど上京での生活がマンガで描かれています。

マンガでわかる上京体験

引用元:TokyoDive公式サイト

マンガなので読みやすいですし、上京後のイメージも湧きやすいですよ。

上京することや上京後の生活がイメージできなくて不安な方も、これを読めば安心です。

上京することのメリットなども描かれているので、上京するか悩んでいる方は上京する決め手にもなるでしょう。

  • 好条件でお手頃な物件を探す方法
  • 東京に引っ越す最適の時期
  • 上京するときに確認すべきこと
  • 上京して意外だったこと
  • 東京の電車の注意点

このほかにも様々なことがマンガで描かれています。

⇒上京に関する情報を漫画で見てみる

Tokyo Dive(東京ダイブ)の口コミ・評判!実際に利用した人の感想は?

Tokyo Diveの口コミ・評判!実際に利用した人の感想は?

Tokyo Diveを登録・利用する前に気になるのは口コミや評判ですよね。

口コミは良くも悪くも、大きな判断材料になります。

実際に利用した人の口コミが良ければ安心できますが、悪ければ利用するか悩みますよね。

登録・利用してから失敗することは避けたいですし、口コミや評判を参考にじっくり考えたいものです。

そこで、実際にTokyo Dive利用した人の感想を集めてみました!

以下では、Tokyo Diveを利用した人の感想を3つほどご紹介します。

ちょっと気になる方はもちろん、Tokyo Diveを利用するのに不安を抱えている方もぜひ参考にしてみてください。

Tokyo Diveでは仕事が決まってからもサポートしてくれる

「英語が話せる環境に行きたくて上京しました。地元では英会話教室しかないのですが、東京には英会話カフェや英語のオフ会などイベントが様々で、憧れがありました。仕事でも英語を使うような仕事を紹介してもらって、いま働いています。また、Tokyo Diveのスタッフさんは仕事が決まる前だけでなく、仕事が決まってからもしっかりとサポートしてくれます。東京の生活には慣れたか、仕事での悩みはないかなど、いつも親身になって話を聞いてくれます。Tokyo Diveを利用してよかったと思っています。」

Tokyo Diveは上京後も長くサポートしてくれるようですね。

接客業で人見知りが克服! Tokyo Diveでよかった

「私は、舞台を見るのが好きなのですが、会場は東京ばかり。いつも多額の交通費をかけて東京に来ていたのですが、東京に住めば時間もお金も省けると思い、上京しました。Tokyo Diveのスタッフさんは上京するにあたって不安だった私に安心感を与えてくれました。やり取りの返信も早くて、フレンドリーに接してくれたことで安心できました。また、自分が変わるきっかけをくれたのも感謝しています。接客業を通して人見知りを克服し、人とのコミュニケーションを楽しめるようになりました。」

Tokyo Diveの方はフレンドリーに接してくれて、安心できるようですね。 また、上京で自分を変えたい方にも向いているようです。

Tokyo Diveの担当者さんと距離が近いのが良い

「東京で働いてみたいと思っていたのですが、大学時代はお金がなく、交通費の関係で東京での就職を断念。ですが、やっぱり東京で働いてみたいという思いは捨てきれず、教えてもらったTokyo Diveを利用しました。Tokyo Diveの担当者さんは距離が近く、なんでも気軽に相談できます。仕事を始めてからも担当者さんと関わることはあるので、安心して働くことができています。憧れの東京で働くことができているのも担当者さんのおかげだと思っています。」

Tokyo Diveの担当者の方は近い距離で接してくれるようですね。これならなんでも相談できますし、東京での生活も楽しめそうです。

Tokyo Dive(東京ダイブ)のメリット・デメリット!おすすめな人・じゃない人

Tokyo Diveの メリット・デメリット!

Tokyo Diveを利用するメリット・デメリットを紹介します。

メリット
  • 自分に合う仕事ができる
  • 手厚いサポートを受けることができる
  • とにかく費用を抑えることができる
デメリット
  • 正社員としての求人がほとんどない
  • 接客業の求人がほとんど

これらのメリット・デメリットから、Tokyo Diveがおすすめな人・おすすめじゃない人を考えました。

Tokyo Diveがおすすめな人
  • 自分の適性が分からず、自分だけで仕事が決められない人
  • 上京するにあたって不安が多い人
  • すぐにでも上京したいけどお金がない人
Tokyo Diveがおすすめじゃない人
  • 最初から正社員として働きたい人
  • 接客業以外である程度自分のやりたい仕事が決まっている人
  • 手厚いサポートが必要ない人

自分だけで仕事が決められない人や、上京するにあたって不安が多い人は、担当者とのやりとりで解決できます。

また、金銭面の問題も、住まいサポートを利用すれば、かなり費用を抑えることができます。

お金がないけど上京したい方も、Tokyo Diveはおすすめですね。

しかし、最初から正社員として働きたい人は求人がほとんどありませんし、接客業以外の仕事も数は多く接客業以外である程度やりたいことが決まっている方は、接客業メインのTokyo Diveはおすすめできません。

また、Tokyo Diveは仕事を始めたあとも担当者とのやりとりがあります。

そのようなやりとりを面倒に感じる方は、Tokyo Diveの利用はあまりおすすめしません。

⇒ TokyoDive の公式サイトはこちら

Tokyo Dive(東京ダイブ)を使えば、家賃が0円!?でも条件あり!

Tokyo Diveを使えば家賃が0円!?

Tokyo Diveなら家賃を0円にすることが可能です。

一人暮らしを始めると、かなりお金がかかりますよね。

特に家賃はお金がかかりますし、できるだけ費用を抑えたいものです。

そんな中、Tokyo Diveを使えば家賃が0円なんて、とても魅力的ですよね。

しかし、家賃を0円にするには条件があります。

その家賃0円の条件について、詳しく解説します。

  • 借り上げシェアハウスなら家賃0円
  • 鍵交換代、清掃費・事務手数料は必要
  • Tokyo Diveで就業中のスタッフのみ入居可能
  • 毎月共益費が10,000円必要
  • Tokyo Diveを通した仕事を辞める場合、引っ越しが必要

そのほかにも、ワンルーム賃貸やシェアハウスについて、ご紹介します。

①Tokyo Dive(東京ダイブ)が借り上げしているシェアハウスなら家賃タダ!

家賃が0円になるのは、Tokyo Diveが借り上げしているシェアハウスに住む場合のみです。

Tokyo Diveのシェアハウスは、家具・家電付き、敷金・礼金、仲介手数料0円なので、本当に費用を抑えられます。

Tokyo Diveが借り上げしているシェアハウスの特徴は以下の通りです。

シェアハウスの特徴
  • 敷金・礼金・仲介手数料無料
  • 家具・家電付き
  • 保証人不要
  • 浅い築年数
  • アパートメントタイプ
  • 個室あり
  • 共同スペースあり(キッチン、リビング)
  • 23区内

個室が完備されているため、プライベートスペースをしっかりと持つことができます。

シェアハウスに不安を感じている方も、これなら安心ですよね。

23区内にシェアハウスがあるところも便利です。

⇒東京ダイブのシェアハウスを見てみる

②敷金・礼金・仲介手数料も無料だが、鍵交換代や清掃費・事務手数料は必要

Tokyo Diveのシェアハウスは、敷金・礼金・仲介手数料は無料です。

基本的な初期費用は無料ですが、鍵交換代や、清掃費・事務手数料は必要なので注意しましょう。

鍵交換代や清掃費・事務手数料はかかるものの、敷金・礼金・仲介手数料が無料なので、初期費用をかなり抑えることができるのは魅力ですね。

だいたい敷金は家賃1ヶ月分、礼金も家賃1ヶ月分、仲介手数料は家賃0.5~1ヶ月分必要になりますよ。

例えば、家賃65,000円の家に一人暮らしする場合、敷金・礼金ともに65,000円、仲介手数料32,500~65,000円ほどかかります。

合計162,500~195,000円ほどかかることになるのです。

その費用を抑えることができるのは、嬉しいことですよね。

⇒Tokyo Diveのシェアハウス一覧

③TokyoDive(東京ダイブ)で就業中のスタッフのみ入居可能

Tokyo Diveのシェアハウスが、Tokyo Diveで就業中のスタッフのみが入居可能です。

Tokyo Diveを通して仕事をしていない人は住むことができないので、注意しましょう。

また、Tokyo Diveは住まいのみの提案は行っていません

住まいのサポートは、就業が決定している希望者に対してのみ行うサービスとして行っています。

そのため、Tokyo Diveのシェアハウスのみならず、他の住まいのサポートも、Tokyo Diveで就業中のスタッフでないと受けることができません。

Tokyo Diveを通して仕事をしていない方は、Tokyo Diveの住まいのサポートを受けることができないので、注意しましょう。

④家賃は無料だが毎月共益費が10,000円必要

Tokyo Diveのシェアハウスは家賃は無料ですが、毎月共益費が10,000円必要になります。

この共益費は水道光熱費、Wi-Fi使用料に当たります

共益費はかかりますが、10,000円で抑えることができるので、Tokyo Diveのシェアハウスならかなり安く生活できますね。

一人暮らしの場合、平均的に水道光熱費は1ヶ月11,000円程度、Wi-Fi使用料は1ヶ月3,500~4,000円程度かかります。

その料金をたった10,000円で抑えることができるので、本当にお金をかけずに生活することができます。

⇒Tokyo Diveのシェアハウス一覧

⑤TokyoDiveで紹介してもらった仕事を辞める場合は、退職した時点で引っ越し

Tokyo Diveで紹介してもらった仕事を辞める場合は、退職と同時にTokyo Diveシェアハウスから引っ越しをしなくてはなりません。

Tokyo Diveで紹介してもらった仕事を辞めて、また別の仕事をTokyo Diveで紹介してもらって働く場合は問題ありませんよ。

ですが、Tokyo Diveで紹介してもらった仕事を辞めて、違う会社で仕事をする場合は、退去する必要があります。

2週間前までには退去の連絡をし、退去費用はかかりませんが、鍵の返却と部屋の掃除は必須です。

また、仕事の最終出勤した翌日までには退去しなければならず、その期限を超えて滞在する場合は、日割り家賃が発生します。

Tokyo Diveでの仕事を辞める場合は、計画的に引っ越しを行うことが大切です。

ワンルーム賃貸ならTokyo Dive(東京ダイブ)と提携しているエイブルで仲介手数料半額

Tokyo Diveで紹介してもらって仕事をする場合、Tokyo Diveのシェアハウスだけでなく、ワンルーム賃貸に住むこともできます。

Tokyo Diveはエイブルと提携しているので、仲介手数料を半額に抑えることができます。

Tokyo Diveでワンルーム賃貸を探す場合の特徴はこちらです。

  • 仲介手数料半額
  • 通常の不動産屋さんで住まい探しをするのと同様に、関東圏内の豊富な物件から選択できる
  • 自分に合う物件を選べる
  • 風呂・トイレ別、オートロック、駅チカなど、自分の希望の条件に合う物件を見つけることができる

Tokyo Diveを通せば、ワンルーム賃貸でも費用を抑えることができますし、自分の希望の場所や条件から物件を探すこともできます。

物件にこだわりがあるけど、少しでも安くしたい方にはおすすめです。

⇒Tokyo Diveが紹介しているワンルーム一覧

TokyoDiveの派遣社員として働くことが決まれば、家賃補助が最大3万円出る!

Tokyo Diveで派遣社員として働くことができれば、家賃補助が最大3万円支給されます。

これならシェアハウスではなく、ワンルーム賃貸で一人暮らしをする方も、経済的負担を軽減することができますね。

さらに、Tokyo Diveを通して住まい探しをした方だけでなく、個人で住まいを探して契約した方も家賃補助が同じように最大3万円支給されます。

Tokyo Diveの住まいサポートを受けずに個人で契約する場合は、通常通り初期費用や家具などお金がかかってしまいます。

そのため、家賃補助3万円はとても大きいですし、嬉しいサポートですね。

⇒家賃補助について詳しく見てみる

Tokyo Diveのシェアハウスのメリット・デメリット

Tokyo Diveのシェアハウスのメリット・デメリットを2つずつご紹介します。

デメリット
  • Tokyo Diveの仕事を辞めたら引っ越さなければならない
  • 一人暮らしと比べるとあまり落ち着けない
メリット
  • 初期費用や家具代、水道光熱費がかなり浮く
  • 人と生活できるため、不安な人にとっては安心感がある

まず、デメリットについてです。

デメリットは、Tokyo Diveの仕事を辞めたら引っ越さなければならないことです。

長く続かなかった場合、結局引っ越しでお金がかかってしまいますね。

また、プライベート空間はあるものの、人と暮らしているため、一人暮らしよりはあまり落ち着きがなく、一人が好きな方には向きません。

次に、メリットについてです。

敷金・礼金・仲介手数料がかからないため、初期費用が無料です。

家具も備え付けのため無料ですし、水道光熱費も毎月の共益費10,000円で済みます。

一人暮らしではかなりお金がかかってしまいますが、Tokyo Diveのシェアハウスでは金銭的な心配は全くないですね。

また、シェアハウスで人と生活できるため、一人だと不安な方はシェアハウスだと安心できます。

⇒Tokyo Diveのシェアハウス一覧

エイブルやレオパレスで借りたワンルームのメリット・デメリット

Tokyo Diveが提携しているエイブルやレオパレスで借りたワンルームのメリット・デメリットをご紹介します。

デメリット
  • 家具代や初期費用、家賃などがかかってしまう
メリット
  • 仲介手数料が半額になる
  • 自分の希望の住まいを見つけることができる

まずは、デメリットです。

デメリットは金銭面で、家具代や初期費用、家賃がかかってしまうところです。

シェアハウスだったら家具は備え付けですし、初期費用も家賃もかからないため、かなりお得です。

それに比べると、ワンルーム賃貸の場合、仲介手数料は半額になりますが、初期費用はかかりますし、家賃はもちろん家具代もかかります。

次にメリットについてです。

Tokyo Diveで提携している会社のワンルーム賃貸の場合、仲介手数料が半額になります。

少しでもお金を浮かせることができるのは嬉しいですよね。

また、バス・トイレ別や、オートロックなどの条件面、場所など、全て自分の希望通りに住まいを決めることができます。

⇒Tokyo Diveが紹介しているワンルーム一覧

Tokyo Diveのシェアハウスとエイブルなどで借りたワンルームの比較

Tokyo Diveのシェアハウスとエイブルなどで借りたワンルームの比較はこちらです。


Tokyo Diveのシェアハウスワンルーム
初期費用無料仲介手数料のみ半額
毎月にかかる料金共益費10,000円水道光熱費、家賃、Wi-Fi通信料など
家具備え付け自分で用意
場所東京23区内関東圏から好きなところを選べる
仕事Tokyo Diveで働く必要がある住み続けられる

金銭面で考えるとTokyo Diveのシェアハウスがかなり魅力的に見えますね。

しかし、Tokyo Diveで働いているだけという制限もありますし、一概にはシェアハウスの方が良いとは言えません。

それぞれの特徴を理解し、自分に合った住まいを決めるようにしましょう。

⇒Tokyo Diveのシェアハウス一覧

⇒Tokyo Diveが紹介しているワンルーム一覧

TokyoDive(東京ダイブ)を利用した時と、しなかった時の初期費用の違い

TokyoDiveを利用した時としなかった時の初期費用の違い

Tokyo Diveを利用した時と、しなかった時の初期費用の違いはこちらです。

※ワンルームの家賃は65,000円を想定とします。


Tokyo DiveのシェアハウスTokyo Diveを通したシェアハウスTokyo Diveを利用したワンルームTokyo Diveを利用していないワンルーム
敷金無料無料65,000円65,000円
礼金無料無料65,000円65,000円
仲介手数料無料無料半額32,500~65,000円
合計0円0円130,000円162,500~195,000円

敷金・礼金はそれぞれ家賃1ヶ月分ほど、仲介手数料は家賃0.5~1ヶ月ほどと言われています。

物件によって多少は差がありますが、これを参考に、自分に合う住まいを見つけましょう。

Tokyo Dive(東京ダイブ)で探せる求人(仕事)について

Tokyo Diveで探せる求人について

Tokyo Diveで探せる求人はどんなものがあるか気になりますよね。

自分に出来そうな仕事があれば、Tokyo Diveのサービスを利用したくなります。

ほかにも、紹介している求人にブラックな仕事はないかなど、心配な点も多いと思います。

以下では、Tokyo Diveで探せる求人について詳しく解説しています。

  • Tokyo Diveで紹介している職種一覧
  • Tokyo Diveで探せる仕事の雇用形態
  • Tokyo Diveで正社員になるには
  • ブラック企業はないのか
  • 仕事を始めたあとの給料日
  • Tokyo Diveのリゾバやワーホリ
  • Tokyo Diveで仕事を探すメリット・デメリット

Tokyo Dive(東京ダイブ)で紹介している職種一覧

Tokyo Diveでは様々な職種を紹介しています。

Tokyo Diveで紹介している職種は以下の通りです。

  • 飲食サービス

カフェや居酒屋などのホール業務がメインです。

  • 販売サービス

バッグやシューズ販売、携帯電話販売など、お客様とお話して商品を販売する仕事です。

  • アパレル

店内環境を整えたり、お客様と接して商品を紹介する仕事です。

  • 受付

企業やスポーツジム、ショップの受付

  • ホテル・レストランサービス

ホテルではフロント業務やレストランサービスなどが多いです。

  • コールセンター

お客様からのお問い合わせの対応や、商品やサービスのセールスです。

  • 一般事務

書類作成や、電話・メール対応、データ集計などの事務作業です。

  • その他(営業職、ブライダル関連、施工管理、デリバリーなど)

サービス業が中心なので、上京してサービス業がしたい方にはTokyo Diveのサービスが向いていますね。

サービス業がほとんどですが、事務職やその他の仕事もあるので、サービス業が苦手な方も働くことができる求人が揃っています。

⇒Tokyo Diveの求人一覧を見てみる

Tokyo Dive(東京ダイブ)で探せる仕事の雇用形態は基本的に派遣 or 紹介予定派遣

Tokyo Diveで紹介してもらえる仕事の雇用形態は、派遣か紹介予定派遣が基本になります。

そのため、東京に住みながら派遣として働きたいという方には、Tokyo Diveはぴったりのサービスです。

Tokyo Diveを利用せずに派遣として働く方法もありますが、一人暮らしはかなりお金がかかります。

Tokyo Diveで派遣として働けば家賃補助が3万円ほど付きますし、かなり負担を減らすことができますね。

一方、最初から正社員として働くことを希望している方は、Tokyo Diveはあまりおすすめできません。

自分の希望の雇用形態に合う方は、Tokyo Diveを利用してみてください。

Tokyo Dive(東京ダイブ)の紹介予定派遣なら正社員にもなれる!

Tokyo Diveの紹介予定派遣なら、正社員にもなれます。

紹介予定派遣とは、通常の派遣とは異なり、派遣先に直接雇用させることを前提とした上で、一定期間派遣スタッフとして働く制度です。

「正社員として働きたいからTokyo Diveは使わない」という方もいますが、紹介予定派遣から正社員になるという働き方もありですよ。

最初から正社員として働くことはできませんが、仕事内容や環境が自分に合うかどうか判断してから正社員になれます。

仕事選びで失敗するリスクを避けることができるので、いきなり正社員として働くよりも良い決め方かもしれませんね。

⇒ Tokyo Diveの紹介予定派遣について詳しく見てみる

Tokyo Dive(東京ダイブ)で紹介している仕事先にブラック企業はない?大丈夫?

Tokyo Diveで紹介している仕事先にはブラック企業はありません。

仲介して仕事を探せるため、自分だけで仕事を探すよりも安心感がありますね。

それでももし不安な方は、仕事先を紹介してもらったあと、自分で調べてみることをおすすめします。

ブラック企業かチェックする方法をいくつかご紹介します。

  • 厚生労働省が公表したブラック企業リストを確認する
  • 過労死がないか確認する
  • 離職率が高くないか確認する
  • 求人が誇大広告(未経験者歓迎、学歴不問など)ではないか確認する
  • ネットで口コミを調べる
  • 面接で残業の有無や労働時間の話をする

このような方法でブラック企業かどうかを確認することができます。

Tokyo Dive(東京ダイブ)で仕事を見つけると給料日はいつになる?

仕事先によって給料日は異なります。

ですが、仕事を始めてからすぐに給料をもらえるわけではないので、ある程度の生活費は必要です。

Tokyo Diveのシェアハウスを利用する場合でも、以下の3つは必要です。

  • 共益費10,000円
  • 食費1,000円×30日
  • 地元から東京へ移動する交通費

Tokyo Diveのシェアハウス以外で住む場合は、さらに必要になります。

この3つに加えて、家賃や光熱費、初期費用は最低でもかかります。

最初の給料日までのお金は、ある程度用意しておくようにしましょう。

そのお金が用意できてからの引っ越しをおすすめします。

TokyoDive(東京ダイブ)はリゾバやワーホリなどもサポートしてくれる!

Tokyo Diveはリゾートバイトやワーキングホリデーなどのサポートもしてくれます。

リゾートバイトは、観光地に住み込みでアルバイトをすること、ワーキングホリデーは海外に滞在しながら現地で働くことです。

Tokyo Diveがリゾバやワーホリのサポートをできる理由が、本社である株式会社ダイブの別事業です。

株式会社ダイブの別事業として、リゾバやワーホリのサポートを行っているため、リゾバやワーホリについても詳しいのです。

リゾバやワーホリに興味がある方や話を聞いてみたい方は、Tokyo Diveに気軽に相談してみましょう。

Tokyo Dive(東京ダイブ)で仕事を探すメリット・デメリット

Tokyo Diveで仕事を探すことのメリット・デメリットを2つずつご紹介します。

デメリット
  • 接客業が中心で、職種の幅が広くはない
  • 最初から正社員として働くことはできない
メリット
  • サポートによって適正に合った仕事を探すことができる
  • 派遣を通して正社員になれる

まず、デメリットについてです。

Tokyo Diveで取り扱っている求人は接客業がほとんどです。

他の職種もありますが、あまり多くはありません。

接客業を希望していない方にとっては、求人数が少なく感じてしまいますね。

また、最初から正社員として働くこともできません。

最初から正社員として働きたい方、正社員にこだわっている方は向きません。

次に、メリットについてです。

Tokyo Diveはカウンセリングによって、個人の希望や適正をしっかりと見てくれます。

より自分に合った仕事を探すことができるのはポイントが高いですね!

また、派遣を通して正社員になることができるので、仕事内容や環境が自分に合うか判断してから、正社員としてはたらくことができます。

⇒Tokyo Diveで仕事を探してみる

Tokyo Dive(東京ダイブ)の本社、株式会社アプリの評判や会社概要について

Tokyo Dive(東京ダイブ)の本社、株式会社アプリの評判や会社概要について

Tokyo Diveは、株式会社ダイブという会社が運営しているサービスです。

Tokyo Diveを利用するまえに、どんな会社が運営しているのか気になりますよね。

その会社の情報を少しでも知ることで、利用するか利用しないかの判断材料にもなります。

しっかりとした会社がTokyo Diveを運営しているのであれば、安心感も生まれますよね。

以下では、本社の評判や会社概要について詳しく解説します。

  • 株式会社ダイブの会社概要やTokyo Diveの電話番号
  • Tokyo Diveの支店一覧
  • Tokyo Dive公式サイトの上京ブログについて

株式会社アプリの会社概要とTokyo Dive(東京ダイブ)の電話番号

※「株式会社アプリ」は2019年3月29日に「株式会社ダイブ」に社名を変更しました。

株式会社ダイブの会社概要はこちらです。

会社名株式会社ダイブ/Dive Inc.
設立2002年3月
代表取締役庄子潔
事業内容人材派遣事業、有料職業紹介事業、アウトソーシング事業、旅行観光イノベーション事業
本社所在地東京都新宿区新宿3-1-13 京王新宿追分ビル9F
拠点情報札幌オフィス、仙台オフィス、名古屋オフィス、大阪オフィス、福岡オフィス、沖縄オフィス
内勤社員数175名(2019年10月現在)

Tokyo Diveの電話番号はこちらです。

電話番号0120-92-4232
営業時間9:30~18:30
定休日土日

⇒公式サイトはこちら

Tokyo Dive(トーキョーダイブ)の支店一覧

Tokyo Diveは東京本社のみですが、札幌・仙台・名古屋・大阪・福岡・沖縄にもオフィスがあります。

来訪でカウンセリングを受けたい方は、東京本社まで足を運びましょう。

来訪が難しい方は、電話での無料カウンセリングもできます。

これなら遠方の方で東京にすぐには行けない方も安心ですね

来訪の場合は1~2時間ほど、電話の場合は30~1時間ほどで丁寧なカウンセリングが行われます。

都合に合わせて時間を短くしたり、延長したりすることもできるので、自分に合ったスケジュールでカウンセリングを受けることができます。

Tokyo Diveの支店は東京のみですが、電話でのカウンセリングもじっくり相談にのってもらえるので、無理に東京に行かなくても大丈夫です。

⇒無料カウンセリングについて詳しく見てみる

Tokyo Dive(東京ダイブ)の公式サイトにある上京ブログについて

Tokyo Diveの公式サイトにある上京ブログには、様々な上京に関する情報が載っています。

カテゴリーは全部で6つ。

  • Tokyo Diveを通して仕事をしている人たちの声が聞ける「インタビュー」
  • Tokyo Diveのサービスや新たな情報を知ることができる「トーキョーダイブ」
  • 各業界に関して詳しく説明されている「就活テク」
  • Tokyo Diveを通して仕事をしている人の1日の生活の流れを知ることができる「東京生」
  • 東京でのイベントやライブなどの情報を知ることができる「上京ニュース」
  • 上京前から上京後までの生活をマンガで知ることができる「マンガでわかる上京体験」

このように上京ブログでは様々な情報を手に入れることができます。

更新されていくので、Tokyo Diveに興味のある方はチェックしてみましょう。

TokyoDive(東京ダイブ)の知っておきたい細かい疑問をQ&A形式で解決!

TokyoDiveの細かい疑問を Q&A形式で解決!

これまでTokyo Diveについて詳しく解説してきました。

ですが、まだまだわからないことだらけという方もいますよね。

そんな方のために、知っておくべき細かい疑問をQ&A形式で解決します。

疑問内容は以下の通りです。

  • Tokyo Diveは既卒やフリーターでも登録できる?
  • Tokyo Diveに年齢制限はある?
  • Tokyo Diveを退会するには?
  • Tokyo Diveは求人や職種は自分で選べる?
  • Tokyo Diveの「トーキョー90Days」とは?
  • Tokyo Diveの2chでの評判は?
  • Tokyo Diveの面接は何を聞かれる?
  • Tokyo Diveで正社員の仕事を紹介してもらえる?
  • Tokyo Diveで仕事だけ、家だけ紹介してもらえる?

Tokyo Dive(東京ダイブ)は既卒やフリーターでも登録できる?

Tokyo Diveは既卒やフリーターでも登録可能です。

東京で就職や転職を考えている方なら、基本的にどなたでも利用できるサービスです。

「いま地元でフリーターだけど、東京で働いてみたくなった」「経験はあまりないけど、上京して働きたい」という方も大丈夫。

Tokyo Diveでは、未経験でもできる仕事が多数用意されています。

自分が経験のある分野での仕事ももちろん良いですが、これを機に未経験の分野に挑戦するのもおすすめです。

ただし、高校生は卒業してからでなければTokyo Diveを利用することはできないので注意しましょう。

⇒無料で Tokyo Dive に登録してみる

Tokyo Dive(東京ダイブ)には年齢制限はある?

Tokyo Diveは年齢制限は設けていません。

ですが、若年層向けのサービスなので、登録している方は18~35歳くらいまでの方が大半

高校生は登録できませんが、18歳から登録可能です。

目標や目的をしっかりと持って仕事をしている若年層の方が多いです。

東京を楽しみたい方や、東京で夢を叶えたい方など、目的は様々。

そのような人たちとシェアハウスや交流会で関わることができます。

そんな人たちと関われば、自分も毎日楽しく過ごせますし、頑張れそうですよね。

18~35歳くらいまでの方は、ぜひTokyo Diveを利用してみてください。

⇒ Tokyo Dive を今すぐ利用してみる

Tokyo Dive(東京ダイブ)を退会する場合はどうすればいいの?

Tokyo Diveを退会する場合は、Tokyo Diveに連絡すれば退会できます。

連絡方法は電話か「お問い合わせ」からのメールがあります。

電話の場合は先ほどご紹介した電話番号に連絡しましょう。

メールで退会する場合は、公式サイトの「お問い合わせ」のページから連絡が可能です。

名前、性別、生年月日、Emailアドレス(会員ID)、連絡先番号、都道府県を記入。

そしてお問い合わせ内容に退会する旨を伝えるだけです。

「登録してサービスを利用していないけど退会したい」という場合も料金は発生しませんし、全く問題ありません。

Tokyo Dive(東京ダイブ)では求人や職種は自分で選べますか?

Tokyo Diveで紹介している求人の中から自分で選ぶことが可能です。

カウンセリングの際に30分程度、カウンセラーからヒアリングがあります。

そのときに個人の希望や条件などを聞かれて、個人の特性を活かす求人を紹介してもらえる仕組みです。

Tokyo Diveで取り扱っている求人は、アパレル、受付、レストランなどのサービス業や接客業が中心です。

ですが、他にも一般事務やブライダル関連、施工管理など、職種や求人はそれぞれです。

サービス業だけというわけではないので、接客が苦手な方も安心してください。

自分に合った仕事を求人の中から選ぶようにしましょう。

⇒ Tokyo Diveで取り扱っている求人を見てみる

Tokyo Dive(東京ダイブ)の「トーキョー90Days」って何?

トーキョー90Days」とは、最短90日間で上京体験ができるサービスです。

通常のサービスと変わらず、住まいと仕事を同時に紹介してくれます。

ワンルーム賃貸なら家賃補助3万円出ますし、シェアハウスなら家賃は無料で初期費用もかかりません。

Tokyo Diveからの手厚いサポートも受けられ、通常と同じサービスを90日間受けることができます。

90日間なら、気軽に上京生活を試すことができますね。

90日間で東京での生活が自分に合っていれば継続、合っていなければ地元に帰ることが可能です。

これならいきなり上京することに不安や抵抗のある方も安心ですね。

⇒ トーキョー90Days について詳しく見てみる

東京ダイブ(トーキョーダイブ )の2chでの評価は良い?

Tokyo Diveは2chでの評判は書かれていませんでした。

ネットでの口コミがあまりないため、そこに不安を感じてTokyo Diveに興味はあるものの、利用していない方も多いようです。

Tokyo Diveは「今すぐ上京して仕事をしたい」という方はもちろんですが、「今すぐ上京するわけではないけど登録だけ」という方も歓迎しているみたいです。

説明を聞くだけや、カウンセリングだけでも大丈夫です。

なので、口コミがなくて不安な方もまずは電話か来訪でカウンセリングを受けることをおすすめします。

そこで対応が良かったり、自分の条件と合ったりしたら、Tokyo Diveの利用を考えるのもありですね。

⇒無料カウンセリングについてはこちら

Tokyo Dive(東京ダイブ)の面接(電話面談)では何を聞かれるの?

Tokyo Diveの面接では、手順としてまず仕事を決めるため、その仕事についてや条件面についてを聞かれます。

  • 現在の就業状況
  • 転職する時期
  • 希望職種
  • 希望職種に沿った経験はあるか
  • 転職するに当たる条件
  • 住まいサポートを希望するか
  • その他、仕事で活かせるスキル(PCや語学など)

だいたいこの7点について面接で聞かれることになります。

仕事の採用が決まるような面接ではないため、リラックスして受けましょう。

また、担当者の方とじっくりお話ができるので、わからないことがあれば質問もできます。

不安な点があれば気軽に相談しましょう。

Tokyo Dive(東京ダイブ)でいきなり正社員の仕事を紹介してもらうのは可能?

Tokyo Diveはいきなり正社員の仕事を紹介することはできません。

先ほどの説明の通り、Tokyo Diveで提案できる仕事の雇用形態は、派遣か紹介予定派遣の2種類です。

そのため、正社員の雇用形態の仕事の紹介は行っていません。

最初から正社員として働きたい方は、Tokyo Diveではそのような仕事は提案できないので、注意が必要です。

しかし、紹介予定派遣であれば、派遣として働いたのちに直接雇用で正社員として働くことも可能です。

正社員にこだわりがある方の中で、「いずれ正社員になれれば問題ない」という方は、Tokyo Diveを利用しましょう。

⇒ 紹介予定派遣 について詳しく見てみる

Tokyo Dive(東京ダイブ)で仕事だけ、家だけ紹介してもらうのは可能?

Tokyo Diveは、仕事だけの紹介は可能ですが、家だけの紹介はできません。

Tokyo Diveは、仕事を紹介し、そのサービスとして住まいサポートを行っています。

希望すれば住まいサポートを受けられますし、希望しなければ住まいサポートは受けなくても構いません。

そのため、仕事だけ提案してもらって、その後の住まいはTokyo Diveを通さずに、自分で決めることも可能です。

しかし、仕事の紹介に加えたサービスとして住まいサポートを行っているため、家だけの紹介はできません

Tokyo Diveを通さずに仕事をする方は、Tokyo Diveの住まいサポートのサービスを受けることはできないので注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました